プログラミング必修化

プログラミング教育必修化について

新学習指導要領で、小学校~高等学校の各学校で「プログラミング教育」が必修化されました。
2020年度からは小学生
2021年度からは中学生
新学習指導要領の教科書で学習を
高校は2022年度の高校1年生からが新たな教科書で学習をしています。

2020年の教育改革、受験や就職への影響は?

2020年の教育改革で小学校でプログラミング教育が必修化され、新たに「外国語(英語)」「道徳」も教科化されました。

いずれも急激な時代の変化に対応するための方針だそうですが、具体的にはどのような影響があるのでしょうか。

センター試験が廃止され「大学入学共通テスト」へ

大学入試改革についてです。

「大学全入時代」と呼ばれ、ほとんどの人が大学へ進学する現在では、小・中・高と大学で一貫した教育方針を持つのが必要だというのが文科省の主張です。

大学まで一貫して「学力の3要素」(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」)を育てたい。

そのために大学入試を変えることで、高校までの学びを変えるねらいがあります。

国語・数学に「記述式」を導入

2020年度から始まる大学入学共通テストでは「国語」「数学」で記述問題が出題されます。

さらに、新・学習指導要領で学んだ生徒が受験する2024年度からは、理科や地歴公民でも導入される方向です。

記述式の導入は、これまでのマーク式では測れない能力をみることがねらいです。プロセスを書かせることで主体的・対話的で深い学びの結果を見ようとしています。

ただし、記述式には課題があるのも事実です。マーク式なら答えは1通りですが、記述式となると、ブレのない採点ができるのかどうか?という問題が出てきます。

極端なたとえですが「字が汚いのでマイナスイメージになり、自然と低い点数がついた」なんてことがあれば、入試の信用性に関わってきます。

そこで導入が検討されているのが受験のCBT化と言われるコンピュータを使ったテスト。これまでは紙に書くのが普通だった試験でしたが、2024年からはCBT化が実施されると言われています。

コンピュータを使うことにより、ブレや主観のない公平なテストを実施しようというわけです。

英語は民間試験(英検、TOEIC等)を活用

英語は「四技能」と呼ばれる、「聞く」「読む」「話す」「書く」能力をバランスよく身につけることがますます重視されていきます。

これまでも重視されてきた内容ではありますが、センター試験では「読む」「聞く」しか測ることができず、「話す」「書く」が弱い学生が多いとされていました。

しかし、グローバル化した社会では「書く」「話す」を通して自分の考えを発信していかなければなりません。そこで入試でも、改めて「聞く」「読む」「話す」「書く」をバランスよく測っていこうとなっています。

2025年度以降は大学入学共通テストの英語は廃止され、外部の資格・検定試験に一本化される予定です。

採用の条件から「大卒」が消える?

ほとんどの人が大卒となり、ただ大学を出ただけでは差がつきにくくなってきた時代になっていきます。プログラミングに関わる仕事では、日本でも年齢や学歴に関係なく活躍する人が多くなってきています。

企業や職種にもよるとも思いますが、近いうちに就活のルールが廃止されると言われています。

さまざまな批判や問題はありますが、大きな変化が迫っているのは確かだと思われます。

高校までで主体的・対話的で深い学びをし、大学ではそれを伸ばすしていくという流れは変わらないでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP