プログラミング教育で習得する力

プログラミング的思考とは

小学校でのプログラミング教育必修化とともに、プログラミング的思考の育成という言葉が浸透してきました。

プログラミング的思考とは、コーディングを学ぶことではありません。

自宅でプログラミング的思考を子どもに学ばせようとするのであれば、パソコンもタブレットも、テキストもなくてもできます。

プログラミング教育の核となるプログラミング的思考の基礎は、親が日々の生活を通して子どもに充分教えられるものであり、決して特別な教育ではないのです。

プログラミング的思考とは

2020年度から小学校教育においてプログラミング教育が必修化されていますが、新学習指導要領の中で文部科学省はプログラミング的思考を下記のように述べています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

(引用)小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

併せて文部科学省が議論のまとめで、プログラミング教育はコーディングを覚えることが目的ではないと述べていることを踏まえてまとめると、

プログラミング的思考とは、論理的に考える力を意味し、プログラミングは論理的に考える力を養う方法の一つということになります。

日常でも使っている?プログラミング的思考

私達は日常生活のあらゆる場面でプログラミング的思考を使っています。

一番わかりやすい例はお料理です。

例えば「カレーを作る」となったとき、工程を考えなければなりません。

①野菜とお肉を切る

②野菜とお肉を炒める

③野菜とお肉を茹でる

④ルーを入れる

④ルーを入れてからだと野菜もお肉にも火が通りません。

完成に至るまでの過程を考え行動することが『プログラミング的思考』なのです。

『プログラミング的思考』を学ぶ必要性

目的と、目的にたどり着くまでの過程を意識して行動できるかどうかのプログラミング的思考は、これからの社会を生き抜いていくうえで重要なポイントとなります。

もし過程に誤りがあり目的にたどり着けないとしても、「過程」のどの部分が問題なのかを考え、改善点を見つけ出す事も容易となります。

活躍する人の思考には、少なからずとも『プログラミング的思考』が生かされています。

プログラミング的思考とは、成功へと導くための重要な思考法であります。

家庭でプログラミング的思考を学ぶには

子どもが家庭でプログラミング的思考を学ぶには、お手伝いが一番いいです。

家事にはプログラミング的思考の基礎を鍛える要素が溢れています。

ポイントは、子どもが親に言われた通りに動けることではなく、目的を達成するまでの過程を子ども自身に考えさせることです。

全ての指示をいてしまうのではなく、目的(やって欲しいこと)だけを伝えましょう。やり方は子ども自信が考えたり失敗したりして学んでいきます。

まずは手順を紙に書かせるところから始めてみてもいいかもしれません。

もちろん、できなくても頑張った事や工夫したことは褒めて次はどうしたらできるか自分で考えるサポートはしてあげましょう。

まとめ

プログラミング的思考は、いわば思考の基盤となるものです。

「目的」と「過程」を明確にすることで自分の考えを論理的に処理できるようになりますので、誰かに自分の考えを伝える時も、考えを的確に受け取ることもできるようになり、コミュニケーション力もアップします。

プログラミング的思考は自分自身のためだけではなく、人と人とが建設的な関係を築くための有効な手段の一つにもなります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP